ファクタリング中小企業の資金調達法!即日入金が可能

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業(病院や介護施設)の売掛金(レセプト請求)を買取ることで、資金を提供する、資金調達方法で、売掛金の買取りともいいます。

ファクタリングの売掛金買取りは、企業(病院や介護施設)が保有しているレセプト(売掛金)をファクタリング会社が企業様に対し、償還請求権ナシで完全に買取りすることを可能にし、売掛金を回収したい企業様(医院・介護施設)に資金を早期に提供する仕組みとなります。

さらに分かりやすく解説しますと、医院や介護施設等の企業様が保有する国保連に請求しているレセプト請求(売掛金)をファクタリング会社が譲り受けます。
通常であれば2ヶ月後に支払いされるところを、最短2~3日のお支払いを可能にする仕組みです。

それに伴い医院や介護施設の企業様が直面する経営や経済上 の諸問題が解決します。

ファクタリング会社は買い取ったレセプト債(売掛金)の管理と回収をしますので、企業様には一切迷惑がかかりません。
一般的に保険で診察を受けた患者様は3割負担のため、7割は国保連等に請求するのが一般的ですね。
しかしレセプト請求で起きる面倒な手続きも簡略でき、ファクタリング会社が早期に資金を提供するためキャッシュ化することができるサービスになります。

 

 

 

ファクタリング3つのメリット

いまファクタリング利用をしている中小企業が増えてきています。中小企業は資金の流れが止まってしまうと経営難に陥るからです。
そんなファクタリングですが、利用するとどのようなメリットがあるのか、3つポイントをわかりやすくまとめました。

 

キャッシュフローの改善

レセプト債の早期資金かによりキャッシュフローの改善が可能です。
ファクタリングにおいて病院や介護施設などの企業様は、必要に応じてレセプト債を売却し、現金化して売掛金を受け取ることができます。たとえば銀行借り入れの時によくある担保請求や保証人を請求されることもありません。通常であればレセプト債権の回収記述まで資金化できないレセプトを最短2日ほどで資金化することができます。

 

バランスシートのスリム化が図れます

ファクタリングは、償還請求権がない譲渡のため貸借対照上、負債にはならず売掛金のオフバランス化が図れます。
医院や介護施設にとっても経営面メリットとして活用されています。

 

売掛金(レセプト債権)のため2社間取引になります

通常のファクタリングであれば売掛金を支払う会社が存在し、回収が不可能になった場合リスクが生まれます。
しかし医療・介護施設のレセプト債を国保連に請求するためファクタリング会社との契約だけで済みます。
また面談もなく、書類と電話対応ですべて完結し国保連に代わりファクタリング会社がレセプトを早期入金いたします。

 

 

 

欧米ではファクタリングが一般的な資金調達法です。

ファクタリングの歴史は、まだ100年ほどで19世紀末ごろ~20世紀初頭にアメリカで開発されました。
日本では、1970年代ごろに大手企業や都銀系向けのファクタリング会社が設立されましたが、欧米のような中小企業の資金調達手段としてあまり活用されず今日まで至っています。

その問題点もいろいろありますが、一番の要因は手形取引の影響が最も大きかったといえるでしょう。
バブル絶頂時はよかったのですがバブル崩壊後に手形取引が絶頂期にくらべ10分の1まで落ち込み、資金調達をしていた企業にとって売掛金の流通手段がなくなり資金化が厳しくなりました。

そんな資金調達方法で運転資金が厳しくなる企業も増え問題になりました。
また売掛金を資金化に活用するファクタリングのような手法も知らない企業もたくさんありました。

最近では、経済産業省のホームページにも「売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である」と明記してファクタリングの活性化を促しています。

その結果、政府機関である「信用保証協会」が行っている売掛金担保融資保証制度で売掛金を活用した資金調達手段(ファクタリング)の認知度広め、いまでは多くの企業や病院・介護施設でも使われているため、その効果は表れています。

 

ファクタリングは担保も保証人も不要

これまでであれば企業の資金調達といえば、不動産担保などが多かったですが国である政府も企業の資金調達の活性化でいろいろ模索しています。たとえば先の国会において中小企業金融三法案が改正されました。
これも売掛金の早期資金化、ファクタリング等のニーズが高まっているコトによって改正が行われましたね。

まだまだ世界的にも経済情勢を鑑みると不況で、病院や介護施設などの企業でも現金化しておくことは最優先事項となります。

ファクタリングはそのための手段で、非常に有効且つ効果的な手法です。
ただ認知度が低い時代、売り手と買い手の知識不足などが原因で風評被害も発生するニュースもありましたが、今では企業にとって最善な資金化方法として利用されています。

 

ファクタリングで安心かつ安全な資金調達ができる

ファクタリングの流れを解説しますと、債権者(お客様)からファクタリング会社に債権を譲渡していただくことによって、お客様に決済期日前に債権(レセプト)から手数料を差し引きお支払いします。

債務者(国保連)からは期日にファクタリング業者へ支払いを行っていただくながれです。

病院や介護施設などの企業によるレセプト債権(売掛金)があれば、保証人や担保も必要なく書面による手続きで最短資金化が行えるように画期的な資金調達法です。
また欧米においても中小企業の資金調達法として一般的に活用されており、不動産担保融資のような面倒な手続きもありません。

 

資金調達が早い

特に恩恵を受ける病院・介護施設では、レセプト債権手続きで国保連から点数を引かれて2ヶ月後に支払いを受けることを考えると、書面での手続きだけで済むだけでなく、債権譲渡するだけで資金調達が早くなります。

中小企業の事業収益資産の評価や管理をみても、資金需要によって与信枠を設定できる資金調達法となっています。
企業の場合は「支払い企業」「受け取り企業」「ファクタリング業者」の三社が協力体制を組んで行いますが、医療・介護施設の場合は「病院(施設)」「ファクタリング業者」の二社間で協力体制を組んで行えるため、安心安全な資金調達の仕組みです。

 

診療報酬債権のファクタリング

診療報酬債権の買取りはいま多くの病院や介護施設で行われています。レセプト請求する手続きが面倒だったり、入金が2ヶ月後になってしまうからです。

診療報酬債権の手続きも、国保連や保険会社にレセプト請求するのが通常です。
本来、売り上げが上がっているのにも関わらず、資金調達までの期間が長いため、経営を圧迫している病院や施設も多いのが現状です。運転資金が止まると経営もスムーズにはいきません。

しかし、病院や介護施設の場合、診療報酬債権をファクタリング業者に委託するだけで、2~3日後には支払われるため資金運用をスムーズに行うことができます。ファクタリング会社が債権を買い取るため、国保連に代わりファクタリング会社が入金できるからです。

診療報酬債権のファクタリングで入金された現金の使用用途も自由です。急な出費や設備投資などで利用できます。

またファクタリング金額が億を超えるほど、面倒になる手続きもファクタリング業者が請負ますので、病院・介護施設の企業様にとっても有益な資金調達が実現すると考えております。